「日本人はいまだに韓国製品を冷遇」韓国メディアの指摘に、ネット反論=「日本を知るべき」

「日本人はいまだに韓国製品を冷遇」韓国メディアの指摘に、ネット反論=「日本を知るべき」
28日、韓国・ヘラルド経済は「サムスン電子のスマート製品が日本市場で孤軍奮闘している」と伝えた。写真はサムスン製品。(Record China)
       
2020年9月28日、韓国・ヘラルド経済は「日本人は米国製のスマートフォンやスマートウォッチを好み、韓国製品を冷遇している」とし、「サムスン電子のスマート製品は日本市場で孤軍奮闘している」と伝えた。

記事は「サムスンは日本のメーカーを押さえてグローバル1位ブランドに成長したが、日本人は今も韓国製品をソニーやパナソニックの亜流程度と考えていると言われている」「日本人はアップルをはじめとする米国製品と自国製品を好む傾向が過度なほど強い」などと指摘している。

また、日本のスマートフォン市場でサムスン電子の「Galaxy(ギャラクシー)」はシェア3位(昨年基準)となっているものの、これは競合する日本製品がなかったための一時的な現象で「それまではシェア自体がないほど微々たる程度だった」と説明。日本でシェアトップの「iPhone(アイフォン)」は47.4%(昨年)だが、サムスン電子は9.1%にとどまっている。

さらに、「アップルの故郷・米国のスマートフォン市場でも、サムスン電子はアップルとシェア1位、2位を争っているが、日本では競争にならない」とし、「サムスンとアップルのスマートフォンがこれだけの格差を見せているのは、世界中で日本だけとも言われている」と伝えている。

記事によると、スマートウォッチ市場も同様に韓国勢は振るわず、業界関係者は「サムスンは新製品を相次ぎ送り出しシェア獲得に努めているが、日本では韓国製品に対する拒否感が強い」と話しているという。

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年9月29日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。