コロナ禍で日韓の航空会社の明暗くっきり、韓国勢は貨物便で稼ぐ

コロナ禍で日韓の航空会社の明暗くっきり、韓国勢は貨物便で稼ぐ
30日、韓国・朝鮮日報は「全日本空輸と日本航空が新型コロナの影響でそれぞれ1兆ウォンを超える赤字を記録した一方で、大韓航空とアシアナは黒字を記録した」と報じた。写真は大韓航空機。(Record China)
       
2020年10月30日、韓国・朝鮮日報は「全日本空輸(ANA)と日本航空(JAL)が新型コロナウイルスの影響でそれぞれ1兆ウォン(約920億円)を超える赤字を記録した一方で、韓国の大韓航空とアシアナは黒字を記録した」とし、「日韓の航空会社の明暗を分けたのは貨物事業だ」と報じた。

記事によると、ANAホールディングスは2020会計年度(2020年4月~2021年3月)に過去最大となる5100億円の赤字を記録する見通しだと発表した。4~6月期には1088億円の赤字を出したという。JALも2020会計年度に2300億円の赤字を記録するとみられている。4~6月期は937億円の赤字だった。JALの通期赤字は12年の再上場後初めてとなる。

こうした「最悪の実績」は貨物事業での不振が原因とみられている。JALは現在、1機も貨物機を保有していない。ANAも貨物事業の比重は小さく、中国から米国まで行ける大きさの大型貨物機は1~2機しかないという。(注=JAL、ANAとも貨物機はグループ会社が保有、運航している)

一方、大韓航空は4~6月期の営業利益が1485億ウォンを記録した。アシアナ航空も同期間の営業利益が1151億ウォンで6四半期ぶりの黒字となった。大韓航空は同期間の貨物事業の売上高が前年同期比94.6%増加し、アシアナ航空も95%増加した。大韓航空は現在、貨物専用機を23機、アシアナ航空は12機を保有しており、ANAとJALに比べて貨物輸送能力が圧倒的に高いという。

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外ニュース

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月31日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。