「日本軍はドイツ人女性も性奴隷に」オランダ人記者が主張=韓国ネット「慰安婦問題は全世界の問題に」

「日本軍はドイツ人女性も性奴隷に」オランダ人記者が主張=韓国ネット「慰安婦問題は全世界の問題に」
12日、韓国・KBSによると、オランダ人記者が「第二次世界大戦時の日本軍は占領地であるインドネシアで、同じ枢軸国であるドイツの女性を性奴隷にしていた」と主張した。写真は慰安婦像。(Record China)
       
2020年11月12日、韓国・KBSによると、オランダ人記者が「第二次世界大戦時の日本軍は占領地であるインドネシアで、同じ枢軸国であるドイツの女性を性奴隷にしていた」と主張した。

記事によると、オランダの調査報道ジャーナリスト、グリセルダ・モレマンス氏は11日(現地時間)、オランダ戦争資料研究所と米国立文書記録管理局で発見した資料を根拠に「1942年3月初めから、オランダ領インドネシアのジャワ島東部にあるブローラ村で日本軍48部隊が未成年を含むドイツ人女性に性暴力を働いた。30人の女性と少女が1つの建物に移され、その後からその建物は軍隊の慰安所の役割をしていた」と主張した。また、「ドイツ人女性に対する性暴行は配偶者や子どもの前でも行われ、1日19回も性暴行を受けた女性もいた」と説明したという。

インドネシアにドイツ人女性がいた理由については「ドイツ人女性は教師だった。または農場主や石油技術者の妻たちだった」と述べた。この事実がドイツで知られていないことについては「オランダ戦争資料研究所にある証拠資料が公開されていないため」と指摘。その上で「証拠資料は2026年まで非公開となっているが、弁護士を通じて関連書類を見ることができた」と説明したという。

これを見た韓国のネットユーザーからは「日本の戦争犯罪は掘れば掘るほど出てくる」「日本が慰安婦の歴史を隠そうとすればするほど問題は大きくなっていく」「日本はいい加減、過去を認めて謝罪するべきだ」など日本に批判的な声が寄せられている。

当時の記事を読む

レコードチャイナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュース

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月13日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。