日中関係、「外的要因による再悪化に要注意」、バイデン氏の尖閣発言で中国メディア

日中関係、「外的要因による再悪化に要注意」、バイデン氏の尖閣発言で中国メディア
米国のバイデン次期大統領の尖閣諸島をめぐる発言を中国メディアが取り上げ、「今後の中日関係が外的要因により再悪化する可能性が高いことを意味しているかも」と警鐘を鳴らした。写真は天安門広場。(Record China)
       
米国の次期大統領に当選が確実になったバイデン氏の沖縄県・尖閣諸島(中国名・釣魚島)をめぐる発言に中国メディアが神経をとがらせている。記事は「今後の中日関係が外的要因により再悪化する可能性が高いことを意味しているかもしれない」と警鐘を鳴らした。

バイデン氏は12日の菅義偉首相との初めての電話会談で、「尖閣諸島に(米国の対日防衛義務を定めた)日米安全保障条約5条が適用される」と明言。中国網は「バイデン氏は大統領に当確となっただけで、正式に就任していない。この状況下で急に釣魚島に日米安保条約第5条が適用されると発言したことは、国際的な外交の慣例に合致せず、世論に意外な印象を与えた」と批判的に伝えた。

同時に中国網は「バイデン氏がオバマ政権の副大統領だった経歴を考えると、この発言は驚くに値しない」とも指摘。「オバマ大統領は2014年に訪日した際に釣魚島が日米安保条約第5条の適用対象になるとはっきり表明した。オバマ氏はこの問題で態度を明らかにした初の米大統領だ。その後、17年にトランプ氏が訪日した際にも類似する態度を示した。バイデン氏が釣魚島問題について態度を示したことは、歴代政権の踏襲、オバマ政権の外交方針の延長と言える」と述べた。

その一方で「米国の釣魚島問題に対する干渉は意図的に中日の間にくさびを打ち込み、中日関係の正常な発展を妨げると言える」と非難。「バイデン氏の就任後の対中政策については、現時点ではまだ断言しにくい。しかし、菅氏との通話で日米同盟や釣魚島問題について発言した内容、それからオバマ政権における経歴と結び付けると、バイデン政権の対中政策が従来の『アジア太平洋リバランス』戦略を引き継ぎ、アジア太平洋事務に積極的に参与する可能性が高い。日本の中国対抗、南シナ海問題におけるかく乱などを奨励もしくは黙認することで、中国をけん制するだろう」と警戒を強めた。

当時の記事を読む

レコードチャイナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「尖閣諸島」に関する記事

「尖閣諸島」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「尖閣諸島」の記事

次に読みたい「尖閣諸島」の記事をもっと見る

海外ニュース

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月21日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。