新型コロナのワクチン市場は「潜在的な金鉱」―中国メディア

新型コロナのワクチン市場は「潜在的な金鉱」―中国メディア
25日、環球時報は「研究開発能力のより強い国が新型コロナのワクチン市場で利益を得るだろう」とする記事を公開した。(Record China)
       
2020年11月25日、中国メディアの環球時報は、世界各国で新型コロナウイルスのワクチン開発が進展するにつれて、「研究開発能力のより強い国が700億ドル(約7兆3080億円)の市場で利益を得るだろう」とする記事を公開した。

記事が引用した米国の技術ニュースの専門ウェブサイト「ビジネスインサイダー」によると、「今年末までに50種類以上のワクチン候補が「第3相臨床試験(Phase3)」に入っている」という。現在までに、米国のファイザーとモデルナ、英国のアストラゼネカ社とオックスフォード大学の共同開発チーム、ロシアのガマレア研究所などが、それぞれ有効率90%以上のワクチン開発を進めているほか、世界保健機関(WHO)が研究を支援するワクチンが全部で193種類あるという。

ワクチン開発の進展とともにワクチン接種の計画を公開する国も現れており、トランプ政権下でワクチンの早期実用化を進める「ワープ・スピード作戦」の責任者である米食品医薬品局(FDA)のモンセフ・スラウイ氏は、米メディアCNNの番組「ステート・オブ・ザ・ユニオン」で「12月11日か12日に予防接種を開始し、来年5月ごろに全米で70%前後の予防接種率を目指す計画だ」と語った。またスペインのサンチェス首相も22日、主要20カ国・地域(G20)のビデオ首脳会議後の記者会見で「来年1月にワクチン接種プログラムを開始する」と公表したという。

英BBCの報道によると、英国のアストラゼネカは世界各地に向けて30億回分のワクチン生産を準備しており、今年末までに2億回分を生産するという。また、米国のモデルナが2000万回分、米国のファイザーが2021年4~6月までに7億回分のワクチンを準備するとも報じている。AP通信は「これらのワクチンの半分以上を、米国や英国、日本など世界の総人口の13%を占める富裕国がすでに確保している」と伝えた。

当時の記事を読む

レコードチャイナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「環球時報」に関する記事

「環球時報」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「環球時報」の記事

次に読みたい「環球時報」の記事をもっと見る

海外ニュース

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月27日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。