韓国スマホ2社、世界2位のインド市場で存在感、トップ走る中国メーカー追撃

韓国スマホ2社、世界2位のインド市場で存在感、トップ走る中国メーカー追撃
中国に次いで世界第2位のスマホ市場のインドで「韓国の2社が存在感を示している」と韓国紙が報じた。2社は攻撃的なマーケティングでトップを走る中国メーカーを追撃しているという。写真は携帯ショップ。(Record China)
       
中国に次いで世界第2位のスマートフォン市場であるインドで「最近、韓国のサムスン電子とLG電子が存在感を示している」と韓国紙が報じた。インド市場では中国企業が圧倒的なシェア占めてきたが、新型コロナの影響から市場が急速に回復する中、韓国2社は攻撃的なマーケティングで中国勢を追撃しているという。

東亜日報によると、インドのスマホ市場は年間1億5000万台の規模で、中国(昨年は3億6200万台)に次いで2番目に大きい。まだフィーチャーフォン(日本のガラケーに相当)を使う利用者が40%に達するなどスマホの普及率が低く、今後成長の可能性が高い市場とされる。今年上半期(1~6月)の基準ではシャオミをはじめ、ビボ、オッポなど中国メーカーのシェアが70%に上り、独走している市場だ。

サムスン電子が2018年、シャオミにインドでのスマホ1位の座を明け渡した当時の両社の年間出荷台数の差は970万台だったが、昨年1190万台に拡大。今年第1四半期(1~3月)もシャオミが980万台を販売する間、サムスン電子は500万台にとどまった。

しかし、第2四半期(4~6月)に入ると、韓国企業が好調で新型コロナの直撃により市場が半減する状況でも、サムスン電子はシャオミとの販売格差を50万台に縮めた。市場が回復した第3四半期(7~9月)もサムスン電子は1220万台を販売し、シャオミ(1320万台)との差を100万台に減らした。サムスン電子が中低価格帯のラインアップを拡大した戦略が功を奏した上、インドと中国の間の国境紛争で「反中感情」が高まっているからだとの分析もある。

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュース

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月28日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。