〈一帯一路実践談45〉最も不思議な外国人

〈一帯一路実践談45〉最も不思議な外国人
今回は記念誌『大愛無疆』の日本語版『大きな愛に境界はない』から疑問にお答えしたい。写真:1997年筆者が芝浦工業大学を新疆工学院へ紹介、後列左3が焦健氏。(Record China)
       
レコチャとの不思議な縁で始まった「一帯一路実践談」も終わりが近づいた。一庶民の国際協力、「この人どんな人?」と思われる方もおられよう。当然の疑問である。普段の生活からかけ離れた国際協力、しかも中国の奥地で40年近く。中国でも不思議に思われている。

そこで今回は新疆政府「小島氏新疆訪問30周年記念大会」の一環で出版された記念誌『大愛無疆』(韓子勇新疆文化庁書記編2011)の日本語版『大きな愛に境界はない』(趙新利早稲田大学博士訳・日本僑報社2013)から疑問にお答えしたい。その中の焦健氏(新疆大学国際文化交流学院院長など歴任)が記した「最も不思議な外国人」から「変人」ぶりを抜粋。

「私と小島さんとは数十年の老朋友である。仕事の関係で外国友人も多いが、先生のように不思議な外国人は少ない。どうして新疆に貢献するのかと聞くと『人のために生きることを人生と言う。人が幸せになるのが自分の最高の幸せだ』と。どうして中国人にとっても馴染みの少ない、そして日本からはるか離れた新疆を貢献する場所として選んだのかと問うと『新疆各族の人々の情熱と素朴な心、数多くの世界的文化遺産に魅せられた』と答えた。文化遺産の調査保護研究や新疆大学奨学金などに大量の資金を提供した。訊ねると『お金が無いとは言えないが、有るとも言えない。給料・退職金・銀行借入金だ』と。生活は慎ましく、公園でホームレスから食料をもらったこともあるとか」

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュース

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月28日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。