ナイキのCMが物議、日本人はなぜ外国人を排斥するのか―台湾メディア

ナイキのCMが物議、日本人はなぜ外国人を排斥するのか―台湾メディア
スポーツメーカーのナイキのCMが物議を醸す中、台湾の有名ネット掲示板PTTで、日本で生活して20年になるという台湾人が日本の差別について自身の見解を投稿した。(Record China)
       
スポーツメーカーのナイキが11月28日に公開したCMが物議を醸す中、台湾の有名ネット掲示板PTTでこのほど、日本で生活して20年になるという台湾人が日本の差別について自身の見解を投稿した。台湾メディアの三立新聞網が11月30日付で報じた。

物議を醸しているナイキのCMは、「動かしつづける。自分を。未来を。The Future Isn’t Waiting」と題した2分ほどのもの。サッカーをする3人の少女が、差別やいじめ、アイデンティティーに苦悩しながら、スポーツを通じてそれを乗り越える様子が描かれている。ナイキによるとCMの内容は「リアルな実体験に基づいたストーリー」だという。

このCMは日本のネットユーザーから「感動した」などの称賛の声が寄せられる一方で、「日本人の多くが差別をしているかのような印象操作」「日本では人種差別は少ない方」「日本に対するヘイト」などと主張する声もあり、不買やナイキ製品を捨てると公言する人も出ている。なお、YouTubeの同動画は12月1日午後4時現在で900万回以上再生され、高評価が2万8000件、低評価が2万2000件となっている。

そうした中、三立新聞網は「日本人はなぜ外国人を排斥する?日本に住んで20年の台湾人が秘密を解く」と題する記事でこの問題に触れた上で、PTTに投稿された書き込みを紹介している。

投稿者は「日本は細かいことをものすごく気にする民族。それは何か物事をするときだけでなく、人と人の付き合いにおいてはさらにだ。そのため、台湾人を含む外国人が溶け込むのは難しい」と指摘。「職場での上下関係、場面やその場に誰がいるかによって、何を話すか、どこまで話すかが違う。いずれも暗黙のルールがある。ひとたび誰かがこのルールを破れば、ほかの人たちは不快になる」とした。

当時の記事を読む

レコードチャイナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュース

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年12月1日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。