中国の科学研究者、老化防止の新型「遺伝子療法」を発見―中国メディア

中国の科学研究者、老化防止の新型「遺伝子療法」を発見―中国メディア
人類のゲノムにはどれくらいの老化調節遺伝子があるのだろうか。老化調節に参加する分子メカニズムとは何だろうか。これらの遺伝子による有機体の老化防止を分子レベルで「操作」できるだろうか。(Record China)
人類のゲノムにはどれくらいの老化調節遺伝子があるのだろうか。老化調節に参加する分子メカニズムとは何だろうか。これらの遺伝子による有機体の老化防止を分子レベルで「操作」できるだろうか。中国の科学研究者の最新の成果は、これらの老化関連の重要問題に新たな見解を示した。新華社が伝えた。

中国科学院動物研究所の劉光慧(リウ・グアンフイ)氏のチーム、曲静(チュー・ジン)氏のチーム、中国科学院北京ゲノム研究所の張維綺(ジャン・ウェイチー)氏のチーム、北京大学の湯富酬(タン・フーチョウ)氏のチームからなる研究チームは6年余りの取り組みを経て、初めて全ゲノムCRISPR/Cas9スクリーニング技術により、新たな老化調節遺伝子を見つけ、そして新型「遺伝子療法」を開発した。老化防止、老化関連疾患の予防・治療に重要な干渉標的と新たなプランを提供した。この成果は7日、権威ある学術誌「Science Translational Medicine」にオンライン掲載された。

中国科学院北京ゲノム研究所の張維綺研究員によると、研究チームは静脈注射によりKAT7のスローウイルスベクターをノックアウトすることにより、老化マウスの肝臓に含まれる老化細胞の割合を下げ、マウスの健康状況を改善し、生理的老化マウスと早期老化症マウスの寿命を延ばした。その結果によると、単一要因の不活化に基づく「遺伝子療法」は、哺乳類の寿命を延ばす可能性がある。

さらに研究によると、KAT7のノックアウトもしくはKAT7抑制剤の利用により人の幹細胞の老化を遅らせることにより、老化関連の炎症要因の発現と分泌量が減少する。これはこの干渉方法の、人類の老化転化医学における潜在的な応用価値を示した。(提供/人民網日本語版・編集/YF)

当時の記事を読む

レコードチャイナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュース

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年1月12日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。