1971年と2021年のカレンダーが全く同じ、「50年に一度のレアケース」?―中国メディア

1971年と2021年のカレンダーが全く同じ、「50年に一度のレアケース」?―中国メディア
中国のネット上で最近、1971年と2021年のカレンダーを比較した画像が話題となり、ネットユーザーの間で議論が巻き起こっている。(Record China)
中国のネット上で最近、1971年と2021年のカレンダーを比較した画像が話題となり、ネットユーザーの間で議論が巻き起こっている。よく見てみると、1971年と今年は、日付と曜日の配置が全部同じだ。時間と月日の流れの無情さを感じると共に、多くの人は「これは50年に一度のレアケースなのか」と好奇心を高めている。北京日報が報じた。

【その他の写真】

華南師範大学天文協会の発起人・温涛氏によると、日付と曜日の配置が同じになるためには、2つの年の間の日数が7の倍数にならなければならない。

例えば、1971年1月1日から2021年1月1日の間の日数は1万8263日で、7の2609倍に当たる。また、この2つの年はどちらも暦において日数や月数に特別な増減を設けていない「平年」だ。つまり、2021年は毎日が、1971年から2609週後になることになる。そのため、この2つの年のカレンダーは全く一緒になったのだ。

実際には、毎年の日数の積み重ねにより、2つの年の間の日数が7の倍数になれば、日付と曜日の配置が同じになるため、1971年だけでなく、1982年、1993年、1999年、2010年のカレンダーも2021年と全く同じだ。

北京鉄路実験小学校の元数学教師である劉朝陽さんは、「数学的に見ると、これはおもしろい数学の問題になる。ある平年の1月1日が月曜日だった場合、その年の12月31日も月曜日になる。平年は365日で、52週間は364日。そのため、52週間後に新たな周期が始まることになる。しかし、閏年は2月が1日多いため、1月1日が月曜日だった場合、その年の12月31日は火曜日になり、翌年の1月1日は水曜日になり、2日の差ができる。そのようにして計算していくと、閏年の翌年は、5年後の6年目の日付と曜日の配置が同じになる計算になる。閏年から数えて2年目と3年目は、10年後の11年目に日付と曜日の配置が同じになる。閏年は27年後の28年目に日付と曜日の配置が同じになる」と説明する。(提供/人民網日本語版・編集/KN)

当時の記事を読む

レコードチャイナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュース

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年1月16日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。