韓国が「ウィズコロナ」を中断、防疫政策を強化=韓国ネットは反発「基準がむちゃくちゃ」

韓国が「ウィズコロナ」を中断、防疫政策を強化=韓国ネットは反発「基準がむちゃくちゃ」
拡大する(全1枚)

2021年12月3日、韓国メディア・ノーカットニュースによると、韓国で新型コロナウイルスの感染状況が悪化の一途をたどる中、韓国政府は事実上の「ウィズコロナ」中断を宣言した。

記事によると、韓国の中央災害安全対策本部は3日、保健福祉部中央事故収拾本部から「新型コロナウイルス特別防疫対策後続措置方案」の提出を受け、これについて議論したことを発表。その結果、私的な集まりの制限基準を首都圏は10人から6人に、非首都圏は12人から8人に引き上げるとした。同居の家族の場合や、子ども、老人、障害者などを世話する場合はこれまで通り例外が認められる。

期間は現時点で12月6日から4週間後の1月2日までで、感染状況に応じて調整する可能性がある。多くの人が利用する施設の営業時間については、事業者の経済状況を考慮し制限しないことにしたが、今後状況が悪化した場合は検討されるという。

また今回は、ワクチン未接種者の感染拡大を阻止するため、「防疫パス(ワクチン接種証明書)」制度を拡大することを決定。これにより、飲食店やカフェ、学習塾、映画館、イベントホール、自習室、インターネットカフェ、室内運動競技場、博物館、美術館、科学館、図書館、マッサージ店などが新たに防疫パスの適用対象となった。

一方で現在対象外となっている施設は、結婚式場、葬儀場、遊園地、ゲームセンター、商店、スーパーマーケット、デパート、屋外運動競技場、屋外体育施設、宿泊施設、展示会(博覧会)、理・美容室、国際会議、宗教施設などだという。

防疫パスの拡大は6日から実施し、12日まで1週間の移行期間を設ける。また、来年の2月からは青少年への感染抑制のため、防疫パスの適用年齢を19歳から12歳に引き下げる。そのため12歳以上にも積極的にワクチン接種を受けるよう呼びかける予定だという。

この記事を見た韓国のネットユーザーからは、「塾はパスが必要なのに問題だらけの宗教施設が適用なしとはどういうこと?」「結婚式場は未適用なのに、飲食店とカフェは適用なんて本当にむちゃくちゃ」「図書館は対象から外すべき。勉強ができなくなるのは困る」「営業時間を制限しないのは謎。深夜まで飲んでいる人を減らすべき」「ワクチン接種者の方が無防備になって感染を広げてると思うけど。オミクロン株を持ち込んだ人もそうだし」など、今回の措置に対する不満の声が多く寄せられている。

また、「感染力の強いオミクロン株が入ってきた以上、仕方ない措置だと思う」「現時点ではマスクが最も確実な『ワクチン』」「とにかくマスクを付けよう」などのコメントも見られた。(翻訳・編集/丸山)

編集部おすすめ

当時の記事を読む

レコードチャイナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「韓国メディア」に関する記事

「韓国メディア」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「韓国メディア」の記事

次に読みたい「韓国メディア」の記事をもっと見る

中国ニュースランキング

中国ランキングをもっと見る
お買いものリンク