IMFが韓国経済に警告「負債負担が爆発しないよう警戒を」=韓国ネット「この国で子どもなんて産めない」

IMFが韓国経済に警告「負債負担が爆発しないよう警戒を」=韓国ネット「この国で子どもなんて産めない」
拡大する(全1枚)

2021年4月14日、韓国メディア・韓国経済は、国際通貨基金(IMF)が韓国に対し「人口減少と高齢化により負債負担が爆発しないよう警戒すべき」だと警告したと伝えた。
記事によると、IMF代表団の責任者アンドレアス・バウアー氏はこのほど、米ブルームバーグ通信がとのインタビューで「韓国は高齢化による追加負債が発生しても、後に負債が爆発しないよう、財政政策を長期的に策定する必要がある」と述べた。
IMFの負債見通しでは、国内総生産(GDP)に対する一般政府負債比率が今年の53.2%から2026年には69.7%に上昇するとしている。他の先進国については、新型コロナウイルスの影響で増加した負債を今後減らしていくと見通しているが、反対に韓国は負債が継続的に増えていくとしている。
バウアー氏は、高齢化対応に向け、労働者向けのセーフティーネット強化など、労働市場を改善する構造改革が必要だと強調。企業の規制緩和の必要性にも言及したという。
韓国統計庁によると、昨年の合計特殊出生率(1人の女性が15~49歳までに産む子どもの数の平均値)は0.84人だった。2018年に0.98人で初めて1人未満となって以来、毎年数値は下落を続けている。国会予算政策処の人口推計によると、40年には0.73人まで落ち込むと予想される。生産年齢人口(15~64歳)100人当たりの扶養人口は20年の39.7人から40年には76.1人まで急増すると見込まれるという。
この記事に、韓国のネットユーザーからは「こんな国では子どもなんて産めない」「職は首都圏に集中してるのに、地方に住む人間は貯金して家を買って子どもを育てたいなんて思えない。ただ泣くばかりだ。首都圏の人たちも家が買えなくて困ってるし」「まず住宅価格を安定させて、若い夫婦が子育てできる環境を作るべきだ」「自分の知り合いの中でも、20代半ばから30代半ばまでで、結婚してるのは5%にも満たないよ。結婚しないと言ってる人がほとんどだ。文在寅(ムン・ジェイン)大統領はもうこの国を滅ぼした」「子どもへの虐待、性犯罪の犯人に寛大なこの国で、子どもを産み育てたいと思うのか」「まっ先にすべきは政権交代だ」など、現政権への厳しい声が多数寄せられている。(翻訳・編集/麻江)

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュースランキング

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年4月19日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。