日本を猛批判する北朝鮮、裏ではレクサスの大量購入をたくらむ?=韓国ネット「韓国にもいい車が多いのに…」

日本を猛批判する北朝鮮、裏ではレクサスの大量購入をたくらむ?=韓国ネット「韓国にもいい車が多いのに…」
拡大する(全1枚)

2021年8月28日、韓国・ニューシスは「日本を猛批判していた北朝鮮が昨年、レクサス車を大量に購入しようとしていた事実が明らかになった」と伝えた。

記事によると、米国の北朝鮮専門メディア・NKニュースが27日、「北朝鮮が昨年、100万ドル(約1億1000万円)以上を投じて最新のレクサスSUVを何台も購入しようとした状況が国連の報告書を通じて明らかになった」とし、「コロナ禍でも高級車に対する北朝鮮の関心が消えていないことを示している」と報じた。車両は昨年9月にアラブ首長国連邦(UAE)から中国・寧波に移され、レクサスLX570SUVの輸入には中国・南京にある会社が関与したとみられている。ちなみに、同車種は金正恩(キム・ジョンウン)総書記が乗っていた車種だという。

金正恩総書記は昨年8月に洪水で被害を受けた地域を視察した際、レクサスLX570に乗っている姿が捉えられ、当時密輸ルートが注目されていた。ある消息筋によると、北朝鮮はレクサスLX570を1台当たり10万ドル(約1100万円)で購入し、全体の輸入量は10台以上になるという。

これに対しトヨタ側は「対北朝鮮制裁を順守しており、北朝鮮に車を輸出しない」という立場を明らかにしている。

北朝鮮は最近、光復節(8月15日…日本による統治支配からの独立記念日)など事あるごとに日本を猛非難していたことから、記事は「従来の態度と矛盾している」と指摘している。

専門家は「金正恩とその一家など北朝鮮のエリートが高級品を輸入しているのは、昨今の新型コロナウイルスによる封鎖が住民の健康のためではなく、貿易赤字を解消するためのものだということを示している」と分析。金総書記はロールス・ロイスのファントム、ゴースト、メルセデスベンツのリムジンなど、高級外車を複数台保有しているとみられている。

これを受け、韓国のネット上では「まさか金正恩は親日派?。韓国の現代自動車もいい車が多いのに、なんで日本車を買うの?」「まさか韓国のお金じゃないでしょうね?」「北朝鮮は他人には厳しいけど自分には甘くない?」などと指摘する声が上がっている。

また「韓国の政治家たちもレクサスや日本製品を愛用してる」「だから文大統領支持派の人たちはまねしてレクサスに乗ってるのか」「尹美香(ユン・ミヒャン、元慰安婦支援団体の前理事長)議員も日本が嫌いとか言っていたのに日本のコスメやお菓子を好んでる」と批判は韓国の政治家たちにも向けられている。(翻訳・編集/松村)

編集部おすすめ

当時の記事を読む

レコードチャイナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

中国ニュースランキング

中国ランキングをもっと見る
お買いものリンク