「問題あり」の芸能人はプラットフォーム超え処分=微博やTiktok、テンセントなど参加

「問題あり」の芸能人はプラットフォーム超え処分=微博やTiktok、テンセントなど参加
拡大する(全1枚)

中国中央テレビ(CCTV)などによると、芸能系の業界団体・中国演出行業協会(CAPA)は中国版ツイッターと呼ばれる微博(ウェイボー)や抖音(中国版TikTok)などのプラットフォームと共にネット上のコンテンツの管理強化を行う方針を示した。

CAPAは10日に特別会議を開き、インターネットプラットフォームの代表者らと協議を行った。この中で、ネット上の「クリーンな環境」を維持するために、プラットフォーム側は自主規制措置を強化することに賛同した。また、プラットフォーム側は6項目からなる「公約」の共同発起にも同意した。

「公約」には、芸術を追求し、ポジティブな価値観や良好な道徳的素養を有する芸能人には積極的に活動の場を提供することが明記される一方、法律に違反したり道徳的に問題がある言動を行ったりした芸能人については、その機会を提供することを拒否するとされている。

また、プラットフォーム上のアカウントやコメント、弾幕の管理を強化することが示され、関連の内容を投稿すると、制限がかかったり禁止されたりする「ネガティブリスト」も作成。リストには「芸能人に関する全く根拠のないゴシップ。事実を誇張し、デマを流し、悪意を持ってあおり立てるもの」「ファングループ間の対立を作り出したり、あおったりする一切のもの」「スターの宣伝、売上増、ランキングなどの名目でファンを集めたり扇動したりして資金を集めること。また、QRコードなどを用いて第三プラットフォームに誘導して資金を集めること」などが記されている。

さらに、重大な違反アカウントの情報はプラットフォームをまたいで共有し、共同で「懲罰」をくだすことも明示された。

「公約」には微博、抖音のほか、iQIYI(愛奇芸)、テンセント・ビデオ(騰訊視頻)、快手、YOUKU(優酷)、ビリビリ動画(bilibili)、今日頭条など、ほとんどの動画プラットフォームが参加している。(翻訳・編集/北田)

当時の記事を読む

レコードチャイナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「テンセント」に関する記事

「テンセント」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「テンセント」の記事

次に読みたい「テンセント」の記事をもっと見る

海外ニュースランキング

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク