竹島近海での韓国漁船転覆事故、海上保安庁が韓国に知らせたのは到着から100分後?=韓国ネットで批判も

竹島近海での韓国漁船転覆事故、海上保安庁が韓国に知らせたのは到着から100分後?=韓国ネットで批判も
拡大する(全1枚)

2021年10月22日、韓国・東亜日報は、20日に竹島付近の海上で起きた漁船転覆事故について、「日本の海上保安庁は事故現場に到着し100分が経過してから韓国側に知らせた」と報じた。

記事によると、20日の午前11時18分、鬱陵島の北東168キロメートルの海上を通過した韓国の商船が、72トン級の漁船「第11イルジン号」が転覆しているのを発見。事故海域が日本に近いと判断した商船は、12分後に無線通信システムを介して海上保安庁に通報した。

海上保安庁の巡視船「つるが」が現場に到着したのは、通報を受けてから1時間後の午後12時36分。事故漁船の周辺にはハングルで「イルジン号」と書かれた避難用ゴムボートが浮いていたといい、記事は「事故海域には波浪警報が発令されており捜索活動が難航していたとしても、韓国の漁船であることは推測できたはず」と主張している。

その上で、「海上保安庁は、それから1時間40分が経過した午後2時24分になってようやく韓国の海洋警察庁に通知した」と指摘。「その後、海洋警察庁は5000トン級と1500トン級の艦艇を派遣したが、現場に到着したのは事故漁船が最初に発見されてから8時間30分が経過した午後7時50分だった」と伝えた。海洋警察庁の関係者は「通知が遅れて来たのは事実」とし、「海上保安庁も捜索活動を支援中なので、事態の収拾後に(遅れた)理由を尋ねる予定」と話している。

「第11イルジン号」に乗船していたのは、韓国人3人と中国人4人、インドネシア人2人の9人とのこと。現在中国人2人の生存と韓国人船長1人の死亡が確認されており、残る6人は依然行方不明とされるが、韓国では「海洋警察庁への通知が遅れたことで『ゴールデンタイム』を逃した」との指摘も出ているという。

韓国のネットユーザーからは、「日本はわざと遅れて通知して、韓国警察が現場にどのくらいの時間で到着するかテストしたに違いない」「通信が遅れるほど波が高かったとでも?本当にあり得ない」「人命が懸かっているのに陰険だな」「日本にはもう何も期待できない」など、日本に対する批判の声が多く寄せられている。

一方で、「近いからといって日本へ先に連絡した商船は何?」「独島付近なのに韓国の海洋警察はなぜいなかったんだ?」などと韓国側を批判する意見や、「それでも助けてはくれている。北朝鮮ならどうなるか想像してみよ」などのコメントも見られた。(翻訳・編集/丸山)

編集部おすすめ

当時の記事を読む

レコードチャイナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

中国ニュースランキング

中国ランキングをもっと見る
お買いものリンク