深セン地下鉄14号線で全自動無人運転が実現、最初の列車が到着―中国

深セン地下鉄14号線で全自動無人運転が実現、最初の列車が到着―中国
拡大する(全1枚)

深セン地下鉄14号線の第1号列車の引き取り式が10月29日、深セン昂鵞車両区間で行われた。同線は深セン東部に初めて登場した地下鉄快速路線であり、同時に深センで建設中の鉄道交通路線においてカバー範囲の最も広い全自動無人化を達成した路線でもある。中国新聞社が伝えた。

同線は世界最高の自動化レベル(GoA4)に従って設計された全自動運転プロジェクト。車両は8両編成を採用し、車体はA型アルミ合金製で、最高運行速度は時速120キロメートルに達する。現在、車両44本の調達が終わり、このうち30本は路線開通前に調整テストを完了するとともに、サービスをスタートする予定だ。(提供/人民網日本語版・編集/KS)

編集部おすすめ

当時の記事を読む

レコードチャイナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「深セン」に関する記事

「深セン」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「深セン」の記事

次に読みたい「深セン」の記事をもっと見る

中国ニュースランキング

中国ランキングをもっと見る
お買いものリンク