離婚後も注目を浴びる芸能人カップル、ウィリアム・フォンとチャオ・リーインは再共演も?
拡大する(全1枚)

昨年春に離婚を発表したウィリアム・フォン(馮紹峰)とチャオ・リーイン(趙麗穎)に、復縁をもたらす再共演の話題が浮上。ホアン・シャオミン(黄暁明)と離婚したアンジェラベイビー(楊穎)には長年貢献してきたバラエティー番組の制作側との不仲説が浮上し、離婚した2組の大物芸能人カップルは今も引き続き注目を浴びている。

ドラマ「明蘭~才媛の春~」などで共演したウィリアム・フォンとチャオ・リーインは、2018年10月に結婚したが、昨年4月に離婚を発表。中国メディアではこのほど、映画会社・博納影業(ボナ・フィルム)の最新作でウィリアム・フォンが主演に決定し、共演の女優については出演を辞退したリー・ビンビン(李冰冰)が、19年春からビジネスパートナーの関係にあるチャオ・リーインを推挙したと報道。ウィリアム・フォンとチャオ・リーインは制作スタッフを交えて顔合わせを行ったとも報じられている。

プロとしての意識の高さから、離婚した2人が再び共演する可能性は考えられるものの、関係を修復して復縁することは、「無理だろう」「そうなるとうれしいが現実味がない」などといった声がファンから上がっている。

離婚後も引き続き注目を集めるもう一組が、今年1月末に結婚7年目での離婚を発表したホアン・シャオミンとアンジェラベイビー。特にアンジェラベイビーは、8年間イメージモデルを務めたジュエリーブランドの広告から消えるなど、離婚後は不調傾向にあると報じられることが多い。

浙江衛星テレビが制作する中国版「ランニングマン」に、14年のシーズン1から固定メンバーとして出演しているアンジェラベイビーだが、このほど出演する女優たちとのトラブルや、番組制作側との不仲が報じられたばかり。長く人気をキープしている番組だけに、報じられた内容の真偽について関心を寄せる人が多い。(Mathilda)