中国を猛批判する米NBA選手のツーショット写真が物議、「ついに後ろ盾を暴露した」と中国メディア
拡大する(全1枚)

これまで中国をたびたび非難してきた米プロバスケットボールNBAのボストン・セルティックスに所属するエネス・カンターについて、中国メディアの環球網は2日、「ついに自らの後ろ盾を暴露した」と報じた。

環球網の記事はカンターについて「全くの変わり者だ。彼が気にしているのはバスケットボールではなく政治なのだ」とし、「新疆ウイグル自治区の独立を支持したり、中国の政策に関するデマを流布したりするだけでなく、昨年には米国の人種差別問題に抗議したレブロン・ジェームズに対し、『なぜ米国ばかりを批判して、中国を批判しないのか』と言いがかりをつけた」と批判的に紹介した。

その上で、「最近、カンターが自身のSNSアカウントに投稿した写真は、彼がなぜバスケットボールよりも中国攻撃に関心を持つようになったのかを説明するものかもしれない」と指摘。カンターが4月30日に米中央情報局(CIA)のバーンズ長官とのツーショット写真を投稿したことを伝えた。

同記事はバーンズ長官を「スパイのリーダー」と表現し、「CIAこそが中国の分裂と転覆を企てる勢力を背後で操縦しているのである」と主張。「カンターはそのようなスパイの頭目と『偉大な対話』をし、『友情に感謝』した。彼はバスケットボール選手なのか、それともすでにCIAにリクルートされているスパイなのか、はたまたCIAのために他の選手を監視しているのか、大いに疑わしい」とした。

さらに、「多くの外国人も同じような見方をしている」とし、ネットユーザーから「新しい部隊に加わったようで、おめでとう」「CIAから小切手を受け取ったのか?」といった「皮肉交じりの」コメントが書き込まれていると伝えた。

カンターはこれまで、「中国でジェノサイド(大量虐殺)が起きている」「中国当局は残虐な独裁者」などと発言し、今年の北京冬季五輪についても選手にボイコットを呼び掛けていた。(翻訳・編集/北田)