中国が開催返上のサッカー・アジア杯、「大韓サッカー協会が開催に関心」と韓国メディア
拡大する(全1枚)

中国のサッカーメディア「射門中国」によると、中国が開催を返上したサッカーの2023年アジアカップについて、「大韓サッカー協会が開催に関心がある雰囲気だ」と韓国メディアが16日付で報じている。

アジアサッカー連盟(AFC)は14日、中国が新型コロナウイルスの感染拡大を理由として、2023年アジアカップの開催を返上したと発表した。

アジアカップはアジアのナショナルチーム王者を決める国際大会で、来年6月16日から7月16日に中国の10都市で開催予定だった。代替開催地は未定という。

射門中国の記事によると、韓国メディアは「大韓サッカー協会はアジアカップの開催に関心がある雰囲気だ。AFCは2023年の大会開催に関連した後続措置は今後知らせるとだけ明らかにしたが、韓国が誘致競争に飛び込めば可能性は十分にある。鄭夢奎(チョン・モンギュ)大韓サッカー協会会長の弱点と指摘された韓国のサッカー外交の立場を固めることができる良い機会だ」と報じている。(翻訳・編集/柳川)