韓国政府が処理水放出に同意?「IAEAのモニタリングに参加する」=韓国ネット「抗議すべき」
拡大する(全1枚)

韓国外交部は、日本の原子力規制委員会が東京電力の作成した福島第一原発の処理水放出計画を了承したことを受け、「国際原子力機関(IAEA)が実施する海洋モニタリングに参加する」と明らかにした。5月18日、韓国・MBCニュースが報じた。

記事によると、韓国の外交部関係者は同日「処理水と海洋環境に関するモニタリングの評価が重要なので、韓国の研究機関もIAEAのモニタリングに積極的に参加するなど、活動を展開する予定」と発表。「韓国政府は主要関係国として、今回の事案について両国間で疎通と協議を続けていく」と語った。

このような韓国側の姿勢に対し、日本の時事通信は「文在寅(ムン・ジェイン)政権下では海洋放出自体に反対姿勢だったが、外交部関係者は放出を前提に日本側と協議を続けていく考えを示した。日韓関係改善に意欲的な尹錫悦(ユン・ソンニョル)政権の姿勢を反映し、対応が軟化したとみられる」と指摘。この内容は韓国においても、「日本のメディアは韓国の対応が180度変わった点に注目している」として報じられている。

これらのニュースを見た韓国のネットユーザーからは、「モニタリングするということは、放出に同意するという意味だよね」「IAEAは日本の味方ということを政府は知らないの?」「放射能の流出を許可するほど、日韓関係の改善が重要?」「こんな対応はあり得ない。もっと強く抗議すべき」「放出を認めたということは、日本の水産物輸入を前面開放する日も近い」「愚かな親日政権の誕生に日本人は喜んでるだろうね」「尹大統領は日本の大統領なの?もしくは日本の犬か」など、反発の声が相次いでいる。(翻訳・編集/丸山)