初の中国産新型コロナ内服薬報告書「5日内の治療が鍵」―中国メディア
拡大する(全1枚)

初の中国産新型コロナウイルス内服薬の治療報告書が18日、発表された。同報告書によると、5人の感染者がPCR検査で陽性反応が出てから3日内にこの内服薬の治療を受けたところ、平均5日(中央値)で陰性になった。それに対し、対照チームは平均11.13日。このデータを見ると、早期治療と早期服薬により治療期間を半減できる可能性がある。科技日報が伝えた。

国家感染症医学センター、復旦大学付属華山病院感染科長の張文宏(ジャン・ウェンホン)教授と上海公衆衛生臨床センターの范小紅(ファン・シャオホン)教授のチームなどが研究を展開し、「VV116」と呼ばれる中国産新型コロナウイルス内服薬の非重症オミクロン株感染者のPCR検査の陰性化への影響を評価した。科学誌「Emerging Microbes & Infections」が18日、この研究の詳細なデータをオンライン公開した。

■VV116とは何か

VV116は中国科学院上海薬物研究所などの研究機関と企業が共同で研究開発した新型コロナウイルス治療内服薬だ。この薬は昨年末にウズベキスタンで新型コロナウイルスの治療への使用が許可され、中国国内ですでに許可を受け臨床試験に入っている。

新型コロナウイルスが人体の中で自己合成する際に、VV116が「偽装」してこれに混入することで、新型コロナウイルスのRNAポリメラーゼが働かず、体内で複製・増殖できないようになる。

■陽性後5日内の治療が大きな鍵となる

研究では、136人の新型コロナウイルス感染者が自身の意向に基づき2組に分かれた。60人がVV116の治療を受け、12時間ごとに300ミリグラムを内服した。76人は対照チームとなり、ウイルス治療薬を用いなかった。2組の被験者は消炎などの対症療法を受けた。

データによると、1回目のPCR検査で陽性になってから5日内にVV116を使用したオミクロン株感染者の陰性化にかかった時間は8.56日で、対照チームの11.13日を下回った。

一方で、陽性後に速やかに投薬しなければ薬効が現れにくかった。具体的なデータを見ると、1回目のPCR検査で陽性になってから5日後にVV116を使用したオミクロン株感染者の陰性化にかかった時間は11.46日で、対照チームは11.13日と、ほとんど差がなかった。

研究はさらにVV116の服薬安全性データを収集した。その結果、深刻な有害事象は確認されなかった。7人に軽度の肝機能異常が、1人に血中尿素の上昇、1人に白血球数の増加が見られたが、いずれも干渉なしで症状が和らぎ回復した。(提供/人民網日本語版・編集/YF)