王外交部長、パキスタン外相と会談
拡大する(全1枚)

王毅国務委員兼外交部長は22日、中国を訪問中のパキスタンのビラワル・ブット外相と南部の都市・広州市内で会談しました。

王外交部長は「現在の反テロ情勢が日増しに厳しくなる中、双方は協力を強化し、あらゆる必要な措置をとり、在パキスタンの中国人や中国の機関、プロジェクトの安全を損なう事件の再発を断固として防がなければならない」と強調し、中国は引き続きパキスタンのテロ取り締まり活動を支援していくと表明しました。

ブット外相は「中国は、私が外相に就任してから最初に訪問した国だ。パキスタンと中国の友好は、パキスタンの対外関係の礎である」と述べた上で、「パキスタン新政権は、パキスタンに在住する全ての中国公民の安全を効果的に保護していくことを現在の最優先事項とし、捜査を急ぎ、犯人を逮捕して厳しく処罰していく。類似事件の再発を決して許さない」と述べました。

また「習近平国家主席が提唱した『グローバル発展イニシアチブ』は時宜にかない、必要なものだ。パキスタンはすでに『グローバル発展イニシアチブ友のグループ』に参加している。中国・パキスタン経済回廊の建設を契機に、イニシアチブの積極的な効果や具体的な成果を世界に見せたい」との考えも示しました。

双方は会談後に共同声明を発表しました。(提供/CRI)