元BIGBANGのV.I、懲役1年6カ月の実刑が確定=韓国ネットは「短すぎる」と怒り
拡大する(全1枚)

常習賭博や売春あっせんなどの罪に問われた韓国の人気グループ「BIGBANG」の元メンバー、イ・スンヒョン(V.I)被告に対し、懲役1年6カ月の実刑が言い渡された。5月26日、韓国・東亜日報が報じた。

記事によると、韓国の最高裁判所は同日、横領及び売春あっせんなど9つの罪で起訴されていたイ被告に対し、判決を言い渡した。イ被告は全ての罪を認めたため、懲役1年6カ月の実刑が確定した。

イ被告は第1審で容疑のほとんどを否定し、悔しさを訴えていたが、第1審は9件の容疑をすべて有罪とし、懲役3年と追徴金11億5690万ウォン(約1億1584万円)を科した。その後、イ被告は上訴したが、控訴審では一転してすべての罪を認め、反省の意思を示した。控訴審の裁判ではこれが考慮されて懲役1年6カ月に減刑され、追徴金の支払いも命じられなかった。

イ被告は昨年9月に満期除隊の予定だったが、1審の法定で拘束された後、除隊保留処分を受け、国軍刑務所に収監中だった。今回最高裁判所で1年6カ月の刑が確定したことで、近いうちに一般の刑務所に移され、23年2月まで残りの刑期の約9カ月間を過ごすことになるという。

この記事を見た韓国のネットユーザーからは、「1年6カ月なんて短すぎる。再捜査をしてきちんと処罰すべき」「9つの罪でこれは短すぎでしょ。一般人なら10年は超えてる」「n番ルーム事件の容疑者は42年なのにV.Iは1年6カ月?公平性なんてあったものじゃない」「胸を触って逃げただけでも4年6カ月なのに?」「軍隊も行って刑務所も行って、一石二鳥だね」「軍隊に行ったのに訓練も受けず休んでたんでしょ。しかもその期間は服役と見なされて…」「韓国は完全に腐敗してる」など、「不公平」という声が相次いでいる。(翻訳・編集/丸山)