羽生結弦関連ワードが中国で相次ぎトレンド入り!「王者が帰ってきた!」「狂っちゃう」と大興奮
拡大する(全1枚)

27日に日本で開幕するフィギュアスケートのアイスショー「Fantasy on Ice(ファンタジー・オン・アイス)2022」に出演予定の羽生結弦(27)に、中国でも大きな注目が集まっている。

今年2月の北京冬季五輪以来、約3カ月ぶりの公の舞台での演技となる羽生。右足のけがはまだ完治していないものの「全力で演技できるところまでは来た」といい、26日に千葉市で行われた練習では4回転トゥループ(4T)を見事に決めるなど軽快な動きを見せた。

中国で絶大な人気を誇る羽生とあって、SNS・微博(ウェイボー)では「羽生結弦 リハーサル」「羽生結弦 4T」が相次いでトレンド入り。人民日報のスポーツアカウントは「羽生結弦がリハーサルでいきなり4T。動作に余裕があり、明日の本番での演技が楽しみだ」と報じた。

また、羽生のファンアカウント「羽生結弦貼吧」は「『神隠し』から3カ月、フィギュアスケートのGOAT(Greatest Of All Time。史上最高)が再び姿を現した。世界のフィギュアスケート界の巨匠・羽生結弦が戻ってきた!」と興奮気味に紹介し、「明日のアイスショーではどんなサプライズがあるのか?」と期待を寄せた。

さらに、別の羽生のファンアカウント「羽生結弦InfoStation」は、羽生がインタビューで「北京で学べたこともたくさんあった。また挑んでいきたい」「(4回転アクセルは)自分がフィギュアスケートをやっている中での熱量の根源のようなもの。ずっと目指していけたらいいなと思っている」と語ったことを紹介している。

羽生のファンからは「羽生のジャンプは本当に美しい」「優雅だ」「あの美しくて滑らかな4Tを見るたびに思わず賛辞が出てしまう」など練習での4Tを称賛する声や、「アイスショーでの演技が楽しみ!」「ユヅ、頑張って!」「全世界が彼の登場を待っていた。彼の登場が世界を驚かせる。王者が帰ってきた!」「あなたが出て来ないと狂っちゃう。出て来たらもっと狂っちゃう」と興奮を隠せないといった様子の声が寄せられた。

また、4Aへの挑戦継続を明言したことについて「やっぱり不屈の精神を持ったフィギュアを愛するユヅだね。応援したい」「さすが羽生結弦だ!」「4A完成の目標が早く達成できますように!」「あなたのどんな決定も応援します」「自分のために滑ってください」と応援する声や、「無事に演技できますように」「足をしっかりとケアしてね。明日(27日)の演技を無事に終えられますように」とけがを気遣う声も多く寄せられている。

羽生ら豪華スケーターが出演予定の「ファンタジー・オン・アイス2022」は、幕張(5月27~29日)、名古屋(6月3~5日)、神戸(6月17~19日)、静岡(6月24~26日)の4会場で行われる。(翻訳・編集/北田)