羽生結弦がアイスショーに参加、中国ファン「羽生結弦の『解放日誌』」
拡大する(全1枚)

フィギュアスケートのアイスショー「ファンタジー・オン・アイス」の幕張公演が27日、千葉市の幕張メッセで開幕し、羽生結弦が2月の北京五輪のエキシビション以来となる演技を披露した。

羽生の人気は中国でも高く、中国ポータルサイトの百度(バイドゥ)に28日、同アイスショーについて「羽生結弦の『解放日誌』と呼べるものだ」とする記事が掲載された。

記事は、フード付きのグレーの衣装で登場した羽生が、男性アイドルグループ「KAT-TUN」のデビュー曲「Real Face」に合わせて激しく舞ったことなどを伝えた。

その上で、同アイスショーは、今年のヒットドラマ「私の解放日誌」からタイトルの一部を借用して「羽生結弦の『解放日誌』」と呼べるものだと主張。「羽生は永遠に演技の中で自分を癒やすことができ、自分を解放することもできる」「プレッシャーを勇敢に打ち破り、内なる解放を求めることを、羽生は今回のショーで選んだ」などとつづっている。(翻訳・編集/柳川)