日本のご神木にプーチン氏わら人形=中国ネット「巫蠱の術で制裁?」
拡大する(全1枚)

日本の神社のご神木にロシアのプーチン大統領と見られる顔写真が貼られたわら人形が五寸釘で打ち付けられていたとする報道が、中国でも注目されている。

中国版ツイッターの微博(ウェイボー)でこのほど、千葉県松戸市内の神社で5月上旬に見つかったわら人形に五寸釘で打ち込まれた紙にプーチン氏の名前や生年月日とともに「抹殺祈願」と書かれていたとするFNNプライムオンラインの報道を取り上げる投稿が複数あった。

これについて、中国のネットユーザーからは「これはわれわれの大漢王朝が残したもの」「日本人は巫蠱(ふこ)の術でプーチン氏を呪い殺そうというのか」「まるで宮廷ドラマ」「古代中国では呪いたい相手の名前を書いた木の人形を地中に埋める」「日本の新たな対ロ制裁は巫蠱の術」「プーチン大帝には効かないだろう」などの反応が見られた。(翻訳・編集/柳川)