中国の立法機関例会が間もなく開催
拡大する(全1枚)

中国の立法機関である全国人民代表大会常務委員会は21日から24日にかけて北京で会議を開き、体育法改正草案、反電信オンライン詐欺法草案、農産物品質安全法改正草案、民事強制執行法草案などを含む複数の法律を審議し、関連分野に対する人々の関心に応えます。16日午前、全人代常務委員会法律活動委員会は記者会見を開き、立法活動の進展状況を説明しました。

近年の、インターネットによるフィットネスブームの急上昇に伴い、フィットネスと健康に対する人々の関心がますます高まっており、フィットネスと国民全体の健康をどのようにつなげていくのかが今回の体育法改正のポイントとなっています。(提供/CRI)