台湾、ハーゲンダッツのアイスクリームから発がん性物質―台湾メディア
拡大する(全1枚)

台湾が輸入したハーゲンダッツのアイスクリームから発がん性物質が検出された。台湾メディアの中時新聞網が20日付で伝えた。

ハーゲンダッツはこのほど声明を発表し、台湾に輸出したバニラのカップ入りアイスクリームおよび缶入りのアイスクリーム2ロットについて、サンプル調査の結果ごく微量の残留農薬が検出されたと明らかにした。検出されたのは発がん性が指摘されている酸化エチレン(エチレンオキシド)で、回収と返品を進めている。

同社は、現在その他の地域で販売されている製品について同様の報告はないとし、「原料の供給元では厳格な管理が行われ、製品に酸化エチレンは使用されていない」と説明。「積極的かつ慎重に調査するとともに、台湾の主管機関と協力して検査を実施し、消費者を保護する」と表明した。

一方、中国メディアの観察者網は、米国とカナダでハーゲンダッツを所有するフロネリ(ネスレとPAIパートナーズの合弁会社)について「昨年にフロネリが製造する複数のブランドの少なくとも46種類のアイスクリームについて、酸化エチレンが検出されたことで回収の対象になったことがスペインメディアの報道で明らかになっている」と報じている。(翻訳・編集/北田)