岸田首相は?円卓で撮影に応じたG7首脳らの写真が中国で話題に
拡大する(全1枚)

主要7カ国(G7)首脳会議が26日、ドイツ南部のシュロスエルマウで開幕したが、中国版ツイッターの微博(ウェイボー)では、円卓で撮影に応じたG7首脳らの写真が注目されている。

中国のニュースサイトの観察者網や、中国共産党系「環球時報」の元編集長で、同党の広報的役割をしてきた胡錫進(フー・シージン)氏がウェイボーへの投稿で伝えたところによると、ロイター通信やAFP通信が配信した記事に掲載された写真では、岸田首相がジョンソン英首相の体に隠れてほとんど写っていない。

これについて、胡氏は「はは、西側のメディアにこれほどまで無視されるとは。この2枚の写真は鏡のようなもので、G7における日本の低い立場を写し出している」などとコメントした。

中国のネットユーザーからは「日本の首相はどこ?」「顔をつぶされたというか、そもそも顔写ってない」「何枚も撮影したはずなのに、この一枚を使うのはわざとだよね」などの反応が見られた。(翻訳・編集/柳川)