葉はたった1枚だけ、開花も1度だけのミステリアスな植物を見たことある?―中国メディア
拡大する(全1枚)

葉はたったの1枚だけで、花を咲かせるのも1度だけというミステリアスな植物のストレプトカーパス・クーペリが今、上海市松江区にある上海辰山植物園の温室で青紫色の小さな花を咲かせている。見頃は今月末まで続く見込みだ。

辰山植物園の園芸景観部のエンジニア・王[王奇](ワン・チー)氏は、「多年草の一種であるイワタバコの種類は非常に多く、そのうちの一つがミステリアスなストレプトカーパス・クーペリ。育つのはたった1枚の葉だけで、花が咲くのも1回だけ。花が咲き終わると、種ができ、そして枯れてしまう。苗圃で栽培しているストレプトカーパス・クーペリは本当にミステリアスだ。普通の植物は生長段階で、生長ポイントから葉っぱがどんどん出てくる。一方、ストレプトカーパス・クーペリはハートの形をした根元の葉脚の一部が伸び続け、大きな葉が『牛の舌』のように広がり、その長さは約60センチに達する。生長が止まると、葉脈の基部から花のついた茎が3~5本伸びてくる。各茎に20個から30個ほどのラッパ状の淡い青紫色の小さな花が咲く」と説明する。

特に面白いのが、その葉に明確な離層線が現れる点だ。通常、秋から冬にかけて、ストレプトカーパス・クーペリの植物の葉の真ん中には明確な離層線が現れる。そして、その線から外側の葉の色は少しずつ白っぽくなっていき、枯れ落ちてしまう。一方、線から内側は緑色のままで、生長を続ける。

王氏は、「新型コロナウイルス対策のため、残念ながら温室の見学は一時中断している。今後も温室でストレプトカーパス・クーペリを丹精込めて育てたい」とした。(提供/人民網日本語版・編集/KN)