韓国の「国産化成功」はうそだった?ノージャパンから3年の現状に韓国ネットも注目
拡大する(全1枚)

2022年6月28日、韓国・ヘラルド経済は日本メディアの報道を引用し、「日本政府が対韓輸出管理強化措置を発表してからまもなく3年を迎えるが、韓国の素材・装置産業の国産化は足踏み状態だ」と伝えた。

記事によると、日本の措置発表後、韓国は関連品目の国産化を進めてきたが、韓国貿易協会の統計を見ると国産化は難航している。

フッ化水素の場合、日本からの輸入額は19年7月に急減し、20年の輸入額は18年と比べて86%縮小した。ところが、21年には前年比34%の増加に転じた。今年1~4月も前年同期比30%増加し、輸入額増加の傾向が続いている。

フォトレジストは前年比2桁の伸びが続き、フッ化ポリイミドは輸入額がわずかに減少するにとどまった。

また、21年の半導体製造装備の対日輸入額は前年より44%増えた630億ドル(約8兆5200億円)に達し、対日貿易赤字を拡大させたという。

日本政府は19年7月1日に半導体の素材など3品目の対韓輸出規制を強化すると発表し、同年8月19日に韓国を輸出管理の優遇対象国「グループA(旧ホワイト国)」から除外した。韓国ではこの措置が(韓国最高裁が日本企業に元徴用工への損害賠償を命じた)元徴用工判決に対する「報復」と考えられ、日本製品不買運動が拡散するきっかけとなった。

この記事を見た韓国のネットユーザーからは「多くの国産化が実現したとサムスンを称賛していたメディアはうそだったの?」「文在寅(ムン・ジェイン)政権が『国産化に成功した』とあれほど騒いでいたのに」「前政権のうそがばれてしまった」と驚く声や、「韓国人は本当に熱しやすく冷めやすい。もっとプライドを守ろうよ」と落胆する声が上がっている。

また「どんなに大変でも、国産化の夢は必ず実現しなければならない」「尹錫悦(ユン・ソンニョル)政権はさらに気を引き締めて対応するべきだ」と意気込む声も。

一方で「韓国の技術力があればいつでもつくれる。ただ、今は円安だから日本のものを輸入して使っている。コスト削減のためだ」「半導体の需要が高まり、生産量増加による錯視効果だよ」などと指摘する声も見られた。(翻訳・編集/堂本)