長沙初の「スマート地下鉄」が開通―中国
拡大する(全1枚)

長沙地下鉄6号線が28日に開通し、営業開始となった。同路線は駅全面監視、スマートデジタル巡回点検などの技術を応用し、長沙初の「スマート地下鉄」となった。中国新聞社が伝えた。

同路線は初めてA型車両を採用し、より長く、より広く、1本当たりの最大定員が2592人に増加。初めて区間を跨ぐシームレスな線路を採用し、乗車の快適性を大幅に上げた。構内にスマート案内装置を設置し、全路線に携帯電話ワイヤレス充電装置を配置し、人にやさしい体験性を高めた。全路線に長沙の特色ある文化およびテクノロジーの要素を取り入れたデザインを施し、5つの文化テーマ駅を構築した。

故袁隆平院士を記念し偲ぶため、6号線は隆平稲博物館駅を設置した。構内は稲と棚田の要素を取り入れ、芸術的な手法により豊作の様子を描き出している。

長沙地下鉄6号線は開通済みの1、2、3、4、5号線のすべてと交わる。同路線の新規営業後には、長沙都市鉄道交通の「米」型構造と、「ダブル十字」拡張路線のネットワークが完全に形成された。(提供/人民網日本語版・編集/YF)