KDDIの大規模な通信障害に中国ネット民「本当に優秀だな」「まあこれも当然…」
拡大する(全1枚)

2022年7月3日、中国中央テレビ(CCTV)は、日本の移動通信大手KDDIが大規模な通信障害を起こしたことを報じた。

CCTVはKDDIの通信網で2日未明より設備の問題による通信障害が発生し、携帯電話の通話ができなくなったほか、ネット通信も繋がりにくい状況になったと紹介。設備の故障は3日正午ごろにようやく復旧し、故障時間は36時間を超えたとした。

そして、KDDIのモバイル通信ユーザーが約3100万人おり、同社の通信網を利用している他の通信業者を含めると、今回の障害で影響を受けたユーザーは最大で3915万人に上るとしたほか、緊急電話もかけることができなかったため、消防当局が固定電話や公衆電話の使用を呼び掛けたと伝えている。

このことについて、中国のネットユーザーは「笑止千万だな」「謝罪精神の発揮だ」「まあこれも当然謝って終わりということで」「月曜日、日本の株式市場はちゃんとオープンできるのかな?」「ネット通信が使えなくてもだいじょうぶ!日本にはFAXがあるから」「小日本がまたやらかした」「西側の通信設備は本当に優秀だな」といった感想を残している。

また、3日夜の時点で「完全には復旧してないぞ。電話がかけられない」と報告する日本在住のユーザーも見られた。(翻訳・編集/川尻)