3年ぶり訪韓のマルーン5にまた”旭日旗”騒動=韓国ネット「まだ懲りないのか」
拡大する(全1枚)

2022年7月4日、韓国・YTNは、世界的な米ロックバンド「maroon 5(マルーン5)」について「訪韓のニュースが伝えられたが、旭日旗の描かれたツアーポスターが物議を醸している」と伝えた。

maroon 5は2日、公式SNSに2022ワールドツアーのポスターを掲載した。それによると、11月28日のシンガポールを皮切りに30日にソウル、12月4日に東京、6日に大阪、8日にマニラ、10日にバンコクで公演を行う。今回の訪韓は19年2月27日に行われた単独公演以来、約3年ぶりという。

韓国で根強い人気を誇るmaroon 5の訪韓の知らせにファンらは盛り上がりを見せているが、一部では「海外ツアーのポスターに日本の帝国主義の象徴である旭日旗のデザインが使われている」と指摘する声が上がっている。

問題のデザインは公式ウェブページに掲載されたポスターにのみ描かれていて、公式SNSアカウントのポスターには描かれていないという。

記事は「過去にジョン・レノンの息子であるショーン・レノンがSNSで旭日旗を擁護する発言をした際、maroon 5のキーボード担当ジェシー・カーマイケルは賛同のコメントを書き込んで波紋を呼んでいたため、今回の騒動はさらに注目を集めている」と伝えている。

これに関し韓国のネットユーザーからは「前にも一度問題を起こしているのにまだ懲りないのか」「平日だから行くか迷っていたけど、こんなことならわざわざ休みをとる理由はないな」「韓国公演は飛ばしてもらいたい」「ボイコットする!」「彼らの音楽を気に入って聴いていた自分が恥ずかしくなる」「それでもチケットは完売するから恐ろしい」など否定的な声が多数寄せられている。(翻訳・編集/堂本)