南極は地球上にある天然の隕石の宝庫だ。このほど開かれた2023中国極地科学学術年次総会で明らかになったところによると、中国の観測隊員は南極のグローブ山で月の隕石を発見し、国際的な慣例に基づき「GRV150357」という番号をつけた。

そして、国際隕石学会隕石命名委員会の審査を経て承認された。新華社が伝えた。

今回の隕石分類を担当する桂林理工大学隕石・惑星物質研究センター副センター長を務める上級実験士の夏志鵬(シア・ジーポン)博士は、「この貴重な月の隕石は中国第32次南極観測隊がグローブ山で収集したもので、重さは11.74g、サイズは約18×22×28mm、全体的に黒色で、明らかな角礫岩構造を持つ」と説明した。

夏氏は、「この隕石には金属が含まれず、溶融クラストもない。一見したところほとんど隕石のように見えなかったが、もし隕石であれば極めて特殊なものに違いないと思った」と述べた。夏氏は規範的な隕石分類作業フローに基づき、この隕石のサンプルを薄片にし、走査電子顕微鏡で観察した上、電子プローブで深く分析した。

その結果、夏氏にとって予期しないサプライズとなった。

この隕石の鉱物構成は地球の岩石と大きく異なる。大量のインパクタイトおよびガラスの破片は、隕石が複数回の複雑な大型衝突を経ていることを示し、月のサンプルの中ではありふれたものだ。その鉱物化学成分などにおいても月の隕石と一致する。

夏氏は「初期的な研究によると、これは複雑な鉱物の破片を含む角礫岩で、月の高地と月の海の異なる岩石破片の組み合わせでできている。これは月の地殻の複雑な岩性を知るための理想的な対象であり、中国による月のサンプルの研究における重要な補充対象でもある。

当チームは隕石サンプルの異なる破片の研究を深め、その出処の特定を試み、月の地殻の変化の歴史への理解を深める」と述べた。

南極隕石には天体化学・科学研究の重要な意義があるほか、南極の氷床の変化の歴史に対して重要な示唆的意義を持つ。グローブ山は中国が南極で最も早く発見した隕石の宝庫だ。中国の南極観測隊員は1998年よりグローブ山を7回調査し、計1万2665個の隕石を収集し、現在まで6192個の分類作業を終えている。(提供/人民網日本語版・編集/YF)