シンガポールのローレンス・ウォン副首相兼財務大臣は7日、シンガポールと中国を結ぶ国際線が増加しているのをベースとして、両国は間もなく、入国から30日以内を条件に、査証(ビザ)相互免除措置を実施して、両国の人員の往来の利便性を高める計画であることを明らかにした。

中国外交部の汪文斌報道官は7日の記者会見で、記者の関連の質問に答えた際、「中国とシンガポールは人的・文化的交流をさらに強化することが、両国の国民の根本的利益にマッチしている。

双方は一般旅券(パスポート)所持者を対象にビザ相互免除措置を実施することで合意した。両国の主管当局が現在、詳細を詰めている。中国とシンガポールがビザ相互免除を全面的に実現したということは、両国の国民にとって素晴らしいことだ。双方共に関連の計画が1日も早く実施されることを望んでいる」と述べた。

旅行サイト・携程のデータによると、ビザ相互免除実施が発表されて以降、「シンガポール」の検索数が発表1時間前と比べて8割、飛行機チケットの検索数が9割、ホテルの検索数が5割増えた。

シンガポールは、中国で人気の海外旅行先の一つで、重要な観光客の送り出し国でもある。

公開されている統計によると、今年1-9月期、シンガポールに入国した中国人は延べ100万人と、2019年同期と比べて35%の水準にまで回復し、シンガポールに入国した国別外国人ランキングでも2位となっている。今年7月26日、中国はシンガポールの国民を対象に滞在期間15日以内のビザ免除措置を再開すると発表し、ビジネスや観光、親族・友人訪問、トランジットの目的で中国に15日以内の滞在をする場合、ビザ免除措置の対象となっていた。

シンガポールの中国の国民を対象としたビザ免除措置が正式に実施されれば、中国から南下してマレーシア、タイ、シンガポールとつながるビザ免除ゴールデンルートが完成することになる。これは中国で根強い人気があるルートで、来年には同3国に向かう旅行の人気がさらに高まると期待が高まっている。

シンガポールの他、ジョージアやタイ、チュニジア、マレーシア、スリランカなどが、中国人観光客を対象にビザ免除措置を実施することを今年発表した。(提供/人民網日本語版・編集/KN)