「世界最大の氷雪テーマパーク」である黒竜江省の「ハルビン氷雪大世界」が16日午前0時に今シーズンの営業を終了した。61日間で延べ271万人が訪れ、国内外から来た観光客が中国東北エリアの魅力を肌で感じた。

中国新聞網が伝えた。

営業期間中、ハルビン氷雪大世界では第35回中国・ハルビン国際氷像コンテストや第40回中国・ハルビン国際アイス・スノーフェスティバルおよび中国・フランス文化観光年開幕式、2024ハルビン辰年アイス・スノーパーティーといったイベントが開催されたほか、パーク内のムードを盛り上げる「ドリームビッグステージ」「アイス・スノーカーバレエショー」「かわいいキャラクターのパレード」などが累計で1552回実施され、来場者は氷と雪の祭典を存分に楽しんだ。

「ハルビン氷雪大世界」が閉園、61日間で延べ271万人訪れる―中国

今シーズンの冬、ハルビン氷雪大世界は「世界最大の氷雪テーマパーク」としてギネス世界記録に認定されたほか、「中国アイス・スノー観光発展報告(2024)」の「2024年アイス・スノー文化ベスト10」、「2024年度中国国家級サービス業標準化テストプロジェクト」、「2023年度微博(ウェイボー)で最も注目された中国国内の観光スポット」などに選出された。

今シーズンのハルビン氷雪大世界は来場者向けのサービスやアクティビティー体験、観覧保障といった面でアップデートしており、「至れり尽くせり」が人気検索キーワードとなった。例えば、60日の間に「落し物案内」が約4820回行われ、スタッフが拾った貴重品が持ち主に返還されたケースは約190回に達した。また、身分証明書やホテルのカードキーなどの発見に至ったケースは累計で約4600回に達した。

来場者の笑顔や寄せられた多くの錦旗(感謝の印として贈る旗)、感謝の手紙はパークが来場者と築いた絆の証で、共に作り上げた素晴らしい思い出となった。(提供/人民網日本語版・編集/KN)