世界初の国際マングローブセンターがこのほど、広東省深セン市で設立された。深センは過去10年で累計43.33ヘクタールのマングローブを修復し、生物多様性のモニタリング、水鳥生息地の保護、生態系の科学的な修復を全面的に展開し、科学教育を幅広く推進した。

生態保護が都市生活の隅々に浸透している。人民日報が伝えた。

葉の色を見るだけであれば、圧倒的多数のマングローブ植物が一年中緑色であるため、マングローブ林は赤く見えない。中国語で「紅樹林」と呼ばれるマングローブ林は、大半のマングローブ植物の樹皮が、空気中の酸化で赤褐色を呈する「タンニン酸」と呼ばれる物質を豊富に含むためだ。マングローブは特定の植物を指すのではなく、熱帯や亜熱帯の海岸の潮間帯で成長する木本植物群落の総称だ。深セン市全体のマングローブの面積は現在296.18ヘクタール。

福田マングローブ湿地を中核とする深セン湾は、世界の渡り鳥の移動ルートの重要な経由地と越冬地で、毎年10万羽近くの渡り鳥がここで生息する。

内伶仃福田国家級自然保護区管理局の教授クラス上級エンジニアの楊瓊(ヤン・チオン)氏は、「マングローブは鳥類に食糧倉庫を提供するところだ。鳥はマングローブ生態系の魂だ。鳥類が深セン湾に来るか、ここでしっかり食べられるかは、マングローブ生態系の健全性を評価する重要な指標だ」と説明した。

深センは近年、マングローブ生態系の機能を大幅に高めるため、現地に適した複数のマングローブ湿地生態修復プロジェクトを実施してきた。マングローブの人工栽培や鳥類が生息する干潟の造成などの措置により、2020年より25.72ヘクタールのマングローブ造成・修復任務を遂行した。

生態モニタリングは深セン市マングローブ湿地保護基金会浜海保護プロジェクト上級保育専門家の戎燦中(ロン・ツァンジョン)氏と同僚の最も中心的な日常の仕事だ。内伶仃福田国家級自然保護区は現在、地上・空・宇宙一体化モニタリング体系の応用に成功しており、鳥類の動向をリアルタイムでキャッチし、鳥類の種類と数をスピーディーに識別でき、生態モニタリングの重要情報の効率的な取得を実現した。

スタッフは長期間にわたり、バランスの難題に直面している。モニタリングによると、深セン湾のマングローブ外来植物が大幅に増加し、干潟の面積が減少していることが分かった。

深セン大学大湾区マングローブ湿地研究開発センターの研究員である周海超(ジョウ・ハイチャオ)氏は、「マングローブ保護はマングローブの面積が広いほど良いわけではなく、余白を残すことも生態保護になる場合がある。マングローブ植生の持続的な拡大により、渡り鳥が羽休めができず、エサを探せなくなる可能性がある。

これは最終的に渡り鳥の種類と数に深刻な影響を及ぼすかもしれない」と述べた。

マングローブ保護関連のスタッフは最終的に、鳥類優先の原則を堅持することを決めた。「食糧倉庫には生物がいないわけにはいかない。生物が脅威に晒されれば、食糧倉庫はそれに応じる調整が必要になる」という。

深セン河の河口では、マングローブと干潟の面積の比率を3:1とし、15ヘクタール近くのマングローブ植生の除去が完了した。外来植物のマングローブの大面積の除去は、鳥類に生息空間を与える修復措置で、中国初のケースになった。

大鵬新区[土覇]光銀葉樹(サキシマスオウノキ)湿地園には、50万平方メートルのマングローブ原生林と人工マングローブの[土覇]光自然学校がある。ここ数年、100回以上の各種イベントを持続的に開催し、オンライン・オフラインの1万人ほどが参加している。マングローブ生態系への市民の理解を深めるために、現地の文化的特色が豊富な「自然教室」を建設している。(提供/人民網日本語版・編集/YF)