中国航天科技集団(中国航天)は26日に「中国航天科学活動青書(2023年)」を発表した。同青書によると、中国航天は今年100回前後の打ち上げの実施任務を予定し、新たな記録を打ち立てる見込みだ。

人民日報が伝えた。

中国航天は今年、一連の重大任務の実施を計画している。宇宙ステーションが常態化運営モードに入り、年内に宇宙貨物船2回、有人宇宙船の打ち上げ任務2回、帰還任務2回を行う。中継衛星「鵲橋2号」を打ち上げ、月裏側と地球の間の中継通信を提供する。探査機「嫦娥6号」を打ち上げ、世界初の月裏側南極のサンプルリターンを実現する。海洋塩分観測衛星を打ち上げ、中国が高分解能・高精度の海洋塩分観測能力を持つようにする。

「長征6号C」「長征12号」などの新型キャリアロケットの初の打ち上げを実施する。初の商業宇宙打ち上げ場が初の打ち上げ任務を迎える。複数の衛星網の構築を加速させる。(提供/人民網日本語版・編集/YF)