中国・貴州省で約2億4000万年前の生物化石がほぼ完全な状態で発見された。中国や香港のメディアが報じた。

報道によると、スコットランド、ドイツ、米国、中国の国際研究チームが研究結果をまとめて学会誌で発表した。発見されたこの化石の生物は体長5メートルほどで、三畳紀に生息していた首長竜、ディノケファロサウルス・オリエンタリスとみられている。

研究者は「頚椎(けいつい)全体で32個の椎骨があり、長く柔軟な首が捕食に役立っただろう」としたほか、「これは恐竜ではなく、恐竜の“親戚”にあたる」と説明した。これまでの研究で、恐竜は卵生だが、海生爬虫(はちゅう)類である首長竜は胎生だったことが明らかになっているという。

香港メディアの香港01は、米メディアが「中国の龍の年(たつ年)にぴったりの発見だ」と評したことを伝えている。(翻訳・編集/北田)