2024年2月27日、韓国・ヘラルド経済は「かつてサムスン製品を模倣していた中国だが、いまや韓国を追い抜いたと評価されている」「中国が注目を集める画期的な製品を次々に発表し、サムスンは非常事態に陥っている」と伝えた。

記事によると、スペイン・バルセロナで開催中のモバイル見本市「Mobile World Congress(MWC)」に参加した中国企業の新技術製品が世界から注目されている。

モトローラ(レノボ傘下)は手首に巻き付けることができるスマートフォンを披露した。モトローラのブースでは、スマートフォンを曲げて手首に巻き付けたり、アーチ状に折り曲げてテーブルの上に置いたりと、さまざまな活用ができる様子が紹介された。同社関係者は「スマートフォンが状況を認識し、さまざまな曲げ方に適応する」と説明した。スマートフォンで服装を撮影するとそれに似合う壁紙が生成されるため、腕に着用したときにアクセサリー代わりにもなるという。

また、レノボは世界初の透明ディスプレイを搭載したノートパソコンを披露した。同社関係者は「世界になかった製品を作り出すことは簡単なことではない」と評価したという。

さらに、参加企業のうち展示場の規模が最も大きかったファーウェイには多数の人が集まった。展示場はサムスン電子よりはるかに大きく、新しいスマートフォンや5G通信より10倍速い5.5G移動通信システムが披露された。人工知能(AI)活性化のため5.5Gを世界で初めて商用化する計画も発表されたという。

記事は「現地では中国がIT技術力と製品で韓国をほぼ追い抜いたと評価されている」と伝えている。サムスン関係者からは「サムスン製品をまねしていた中国はもういない。鳥肌が立つ」との声まで上がっているという。

この記事を見た韓国のネットユーザーからは「産業スパイには必ず死刑を宣告しなければならない」「サムスンの設計図を盗んで売った人たちこそ売国奴だ。こんな結果になって満足か?」「中国が猛スピードで迫ってきているのは確か。韓国も科学技術に投資するべき」「サムスンが中国にあるから技術を全て盗まれてしまう。サムスンもハイニックスも撤収させよう」などの声が上がっている。

一方で「電話機を腕に巻き付ける必要がある?」「鳥肌が立つほどのものか?」「驚いたのはその関係者だけでサムスンはビクともしていないよ」「それらの技術はサムスンがずいぶん前から可能だったもの。ただ実用化するには補完する点が多かった」との声も見られた。

(翻訳・編集/堂本)