中国人民解放軍情報支援部隊の設立大会が19日、北京市内の八一大楼で盛大に行われました。習近平中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席は同部隊に隊旗を授与して訓辞を述べ、党中央と中央軍事委員会の代表として部隊の全将兵に熱い祝賀の言葉を贈りました。

習主席は訓示の中で、新時代の軍強化思想を貫徹し、新時代の軍事戦略方針を貫徹し、政治による軍建設、科学技術や人材による軍強化を堅持し、戦備に集中し、体系の融合や全域での支援という戦略的要求に基づき、強力な現代化情報支援部隊の建設に努めるよう、強く呼びかけました。

習主席はさらに「情報支援部隊の編成は、党中央と中央軍事委員会の軍強化事業の全局に基づく重大な政策決定だ。新型の軍兵種構造の布局を構築し、中国の特色ある現代軍事力体系を整備するための戦略措置であり、国防と軍の現代化を加速し、新時代における人民の軍としての使命や任務を効果的に履行する上で、重大かつ深遠な意義を持つ」と表明しました。(提供/CRI)