中国メディアの中新経緯は20日、このほど日本を訪れた旅行者の話として、日本国内にあるルイ・ヴィトンの店舗は中国人だらけだとする記事を配信した。

この旅行者によると、日本国内にあるルイ・ヴィトンの店舗は中国人だらけで、円安進行により、中国国内よりも10~50%近く安く購入できる高級品が少なくないという。

この記事について、中国のSNS上では「世の中にお金持ちってたくさんいるんですね」「帰国時に関税がかかるよね」「税関が喜ぶね」「円安はまだ続くのだろうか」などのコメントが寄せられた。(翻訳・編集/柳川)