台湾メディアの中天新聞網は23日、ばっちりメークで試合に出場した中国陸上選手の呉艶妮(ウー・イエンニー)に対する批判の声について伝えた。

呉は20日、中国・アモイで開かれたダイヤモンドリーグ開幕戦の女子100メートルハードルに出場。

記事は「自身のシーズン記録更新となる13秒04で10位になったものの、おしゃれに対するネットユーザーからの批判から逃れることはできなかった」と述べて、ネットユーザーから「試合の時、おしゃれに注意し過ぎ。成績にマイナスの影響を生むのではないか」との声が聞かれたことを伝えた。

一方、呉はこれに「自分の外見に注意を払うのは観客への尊重。成績に影響するとは思わない」との考えを表明。「これは観客、ファンと競技場にいる全ての人に対する尊重であり、自分に対する自信と励ましでもある」とした。

ばっちりメークで試合出場、中国の陸上選手が批判浴びる―台湾メディア

中国のSNS・微博(ウェイボー)ではこの話題をめぐって「化粧をしなければ観客を尊重していないっていうこと?」などの声が上がる一方、「個性があって私は好き」「化粧するかどうかは彼女の権利。

試合結果とは関係ない」との声も寄せられている。(翻訳・編集/野谷)