香港メディアの香港01は11日、中国・吉林省で米国人ら4人が刺される事件が起きたと報じた。

報道によると、米アイオワ州のコーネル・カレッジは10日、同大学から中国の提携校である吉林北華大学に派遣された教員4人が負傷したと発表した。

現地教職員1人と共に公園を訪れていた際に刃物で襲われたとみられ、同校は「深刻な事件」と形容している。

現場で撮影された写真には、白人の男女数人が血を流して倒れている様子が写っている。コーネル・カレッジは事件が発生した場所を明らかにしていないが、ネット上では吉林省吉林市の北山公園で起きたとの情報が流れている。

中国で米大学教員4人が刺される、中国主流メディアではまだ報道なしもSNSには関連情報

米国務省の報道官は「吉林省での刃物による傷害事件に留意している」と述べた。また、米議員からは負傷者を速やかに帰国させるよう求める声が続々と上がった。アシュリー・ヒンソン(Ashley Hinson)米連邦下院議員はX(旧ツイッター)で「教員4人が残忍にも刺されたことに非常にショックを受けた。

彼らを安全に帰宅させられるよう全力を尽くす」などと投稿した。

なお、本件は当初、中国のSNS上ではほとんど情報が出ていなかったものの、米メディアが相次いで報じたことで11日午後から関連の投稿が出始めている。ただ、中国の主流メディアではまだ報じられておらず「海外メディアの報道で知った」との声が多く出ている。(翻訳・編集/北田)