中国メディアによると、サッカー中国代表のワールドカップ(W杯)アジア2次予選突破に「貢献」したシンガポール代表GKハッサン・サニーの妻はこのほど、多くの中国サッカーファンからQRコード決済サービス「支付宝(アリペイ)」経由で送金があったことを明らかにした。

11日に行われたアジア2次予選の最終節で、グループ2位に付けていた中国は首位の韓国に敗れ、3位のタイの結果次第では予選敗退の可能性もあった。

タイと対戦したシンガポールのGKハッサンは3点を奪われはしたものの、好セーブを連発。最終スコアはタイの3-1で、タイは勝ち点と得失点差で中国に並びながらも、直接対決の成績で予選敗退が決まった。

<サッカー>中国の2次予選突破に貢献、シンガポールGKの妻「多くの中国ファンから送金、詐欺かと」

ハッサンの妻によると、試合後、ハッサンが家族らと経営するナシレマ(ココナツミルクで炊いたごはん)の店に多くの中国ファンが訪れて感謝の言葉を伝えたほか、アリペイに送金もあり「詐欺に巻き込まれたのかと思った」という。(翻訳・編集/柳川)