安徽省量子計算工学研究センターが17日に明らかにしたところによると、中国第3世代の独自超伝導量子コンピューター「本源悟空」の世界のアクセス数が1000万件を突破した。中国が国際的に大規模かつ長時間にわたり独自の量子計算力を提供するのはこれが初めてとなる。

中国新聞網が伝えた。

本源悟空は本源量子計算科技(合肥)のチームが独自に研究開発したもので、72ビットの独自超伝導量子チップを搭載した、現在中国最先端のプログラムと提供が可能な超伝導量子コンピューターだ。 本源悟空は1月6日にリリースされ、全世界のユーザー向けに公開された。データによると、本源悟空はすでに124の国・地域のユーザーから1053万件以上のアクセスを集め、計23万6000件の量子計算タスクを遂行している。(提供/人民網日本語版・編集/YF)