【男性に聞いた】「可愛いやきもちLINE」と「うざい嫉妬LINE」の違いとは?

【男性に聞いた】「可愛いやきもちLINE」と「うざい嫉妬LINE」の違いとは?
彼のことが好きすぎて、ついやきもちを焼いてしまうこともありますよね。
しかし可愛らしいやきもちも度がすぎるとただのうざい嫉妬になってしまいます。
今回は、「可愛いやきもちLINE」と「うざい嫉妬LINE」の違いについてご紹介します。

ぜひ参考にしてください。

(1)言い方が深刻すぎる
『嫉妬するのは分かるけど悪気はないんだからキツく言わないでほしい』(26歳/公務員)

やきもちを焼いてしまったことについて、可愛らしいスタンプを使いながら少し冗談っぽく伝えるのはとても可愛らしい印象に見えます。
しかし、あまりにも言い方が深刻だったり、本気で彼を責めるような言い方をしてしまうと、彼にとってうざい嫉妬になってしまうのです。

嫉妬でイライラしてしまうこともあるかもしれませんが、その気持ちをそのまま彼にぶつけるのはやめましょう。

(2)細かいことにまで口出しする
『レジで好みの女の子だったりするとあからさまに後で嫌味が……』(31歳/企画)

彼が特定の女性と仲良くしていたなどあからさまな状況であれば、やきもちをやいてしまうのは自然なことです。
しかし街中で彼が女性を見ていたなど、彼にとっては意識的でなかった出来事にまで嫉妬心をむき出しにすると、とてもうざいと思われてしまいます。

細かすぎることにまで口出しすると、彼はとても居心地が悪く感じるでしょう。
彼があまりにも居心地が悪いと感じると、彼の気持ちはあなたから離れていってしまいます。...続きを読む

あわせて読みたい

恋愛jpの記事をもっと見る 2018年12月7日の女性コラム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

女性コラムニュースアクセスランキング

女性コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。