会費1万円を返せ! サクラだらけの婚活パーティーは詐欺罪にあたるか
拡大する(全1枚)
【相談者:30代男性】
私は現在、婚活中です。先日、「結婚相手を探している人、集合!」とサイトで募集をしていた10人対10人の婚活パーティーに行ったのですが、女性陣の誰とも連絡先を交換できませんでした。

そういうこともあり、 とても落ち込んでいたところ、そのパーティーを主催している会社の悪いうわさを聞きました。その会社は、結婚したい男性を集めて会費を支払わせるが、女性は皆サクラだというのです。よく参加している人は、今回来ていた女性のうち8人はサクラだったと言っていました。

今回のパーティー会費は、男性のみ10,000円を支払っています。男性陣は皆、将来の結婚相手を探すという強い目的を持ってパーティーに参加しているのに、女性は全く結婚する気がないサクラを使用するという行為は、完全なる詐欺なのではないかと思います! どうなのでしょうか?

●A. サクラを利用してパーティーを主催することは、『詐欺罪』にあたります。

ご相談ありがとうございます。アディーレ法律事務所弁護士の篠田恵里香です。

真剣に結婚相手を探しているのに、参加女性がほぼサクラとは、憤慨極まりないですね。主催者側が、“サクラを利用してパーティーを主催した”ということであれば『詐欺罪』にあたりますし、すでに支払った10,000円も返金してもらえます。

●立派な詐欺罪にあたります

法律上、『人を欺いて財物を交付させた』場合には、『詐欺罪』(刑法246条)が成立します。今回のケースは、“結婚相手を探している女性が多数参加する”とうたって10,000円という会費をだまし取っているので、立派な詐欺罪にあたります。