『ラブと暮らしたい』ーマンボウやしろ#8[ゴルの魅力VSラブの引力!]

『ラブと暮らしたい』ーマンボウやしろ#8[ゴルの魅力VSラブの引力!]
拡大する(全8枚)

大のラブラドールレトリーバー好きとして知られる、マンボウやしろさん。そんなマンボウやしろさんに、ラブラドールの魅力と思い出を存分につづっていただく連載。

#8は、本気で『ラブラドールと暮らす』という夢を叶えるための理想や現実など、想いのアレコレについて。

『ラブと暮らしたい』ーマンボウやしろ#8[ゴルの魅力VSラブ...の画像はこちら >>

そもそも、犬を迎えていいものだろうか?

男・独身・43歳・芸人(芸人は辞めてますが、ラジオで喋ったり脚本書いたりの芸人みたいな仕事してます)が果たして犬を飼って良いのだろうか?しかも大型犬を。

これからの僕の人生において、これこそが1番の問題だ。

『ラブと暮らしたい』ーマンボウやしろ#8[ゴルの魅力VSラブの引力!]

Jaromir Chalabala/shutterstock

今から30年前、千葉県の片田舎にラブラドールレトリーバーの子犬がやってきた。

僕らは家族になり、その時から僕もラブラドールに魅了された人間の1人だ。

芸人になり金も無く、誰かの家に転々と住みモンゴル民族のような移動を繰り返していた20代。借金はあったが30歳でようやく収入も多少安定して独り暮らしスタート。

その頃は自分が生きていけるかどうかに必死で【犬を飼う】という発想すら浮かばなかった。まさに自分自身を飼うので精一杯だった。

『ラブと暮らしたい』ーマンボウやしろ#8[ゴルの魅力VSラブの引力!]

claire norman/shutterstock

30代も半ばを超えて、ようやく借金もなくなり、お給料も安定度を増して、結婚なんかを意識する身分になった頃に、不意に自分の中で沸き起こってきた気持ち『もしかしたら、僕の人生でも犬を飼って良いのでは?』そうして僕は、結婚したら必ずラブラドールを飼おうと心に誓った。


この記事の画像

「『ラブと暮らしたい』ーマンボウやしろ#8[ゴルの魅力VSラブの引力!]」の画像1 「『ラブと暮らしたい』ーマンボウやしろ#8[ゴルの魅力VSラブの引力!]」の画像2 「『ラブと暮らしたい』ーマンボウやしろ#8[ゴルの魅力VSラブの引力!]」の画像3 「『ラブと暮らしたい』ーマンボウやしろ#8[ゴルの魅力VSラブの引力!]」の画像4
「『ラブと暮らしたい』ーマンボウやしろ#8[ゴルの魅力VSラブの引力!]」の画像5 「『ラブと暮らしたい』ーマンボウやしろ#8[ゴルの魅力VSラブの引力!]」の画像6 「『ラブと暮らしたい』ーマンボウやしろ#8[ゴルの魅力VSラブの引力!]」の画像7 「『ラブと暮らしたい』ーマンボウやしろ#8[ゴルの魅力VSラブの引力!]」の画像8
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Retriever Lifeの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

びっくりニュースランキング

びっくりランキングをもっと見る
お買いものリンク